折り紙の気持ちは、折り紙のまとめサイトです。
日本の折り紙の魅力や凄さを伝えることを目的として、初心者向けの折り方をご紹介します。

折り紙のメリットは健康効果である癒し、リラックス効果と教育的効果(知育効果)です。

子供、大人、高齢者にもたらすメリットを知ることで折り紙遊びのねらい、折る目的ができますよ。

折り紙のメリット

  • 手先が器用になる
  • 試行錯誤して想像力と忍耐力を鍛える
  • 図面を理解して読み取る力が身に付く
  • 空間認知能力が育つ
  • 脳のトレーニングで記憶力が上がる
  • 細かい作業工程で集中力を高められる
  • 集中することでリラックス効果が得られる
  • 完成した時の達成感を得られる
  • 飾りつけの充実感を得られる
  • 認知症予防、ストレス発散、うつ病予防

折り紙の魅力と凄さ

折り紙の魅力と凄さは、紙1枚で作品を作れることでしょう。

折り紙の良いところは、折れば折るほどテクニックが身に付くことです。

手軽にはじめられるハードルの低さから、初心者に受け入れやすい魅力的な日本文化でしょう。

海外に人気の日本文化

「折り紙は日本の伝統的な文化である」と海外で知られています。

なぜ海外で人気なのか。
それは、言語が異なる国同士が折り紙の作品を使って、コミュニケーションが取れるからと言われています。

また、脳トレや教育、癒しに繋がるところも日本の面白い習慣とみられているようです。

折り紙の評価、重要性は?

折り紙は健康効果、教育的効果だけではなく、化学的な技術、折紙工学としても研究されている重要な文化です。
例えば、人工衛星では折り紙の技法が用いられています。

折り紙の概要、特徴は?

折り紙は、紙を折ることで多種多様な作品を生み出すことです。
その特徴は、指先を繊細に使うことでしょう。

折り紙の読み方、呼び方は?

折り紙は「おりがみ」と読みます。世界共通では「origami」と呼ばれます。

折り紙の名前の由来は?

国や地方公共団体が作成した文書は「半分に折った紙を使うこと」が正式なルールだったそうです。これが折り紙の名前の由来とされています。

折り紙は誰が考えて作った?なぜ生まれた?

現在の時点では、1680年の文献、一昼夜独吟四千句の井原西鶴とされています。

日本の折り紙の歴史

折り紙の歴史は古く、正確には明らかになっていません。
・6世紀頃に日本に伝わる。
・平安時代に和紙が大量に広まる。
・平安時代から鎌倉時代に儀式などで折った手紙が使われる。
・江戸時代から現在の折り紙の形に近づき、伝承折り紙が生まれる。
・明治時代から現在になって洋紙が増えて、全国に広がる。

折り紙の発祥の地

折り紙の発祥の地はいろいろな説があるため、正確には明らかになっていません。
スペインや中国、日本が発祥という説があります。