折り紙のくす玉(30枚)

折り紙のくす玉!30枚の作り方と組み立て方(動画付き)

折り紙のくす玉を30枚で作る作り方をご紹介します。

このページを見て頂きたい方

  • 30枚で作るくす玉の組み立て方を知りたい
  • 30枚で作るくす玉を動画でみたい

折り紙の気持ちは、PDFのダウンロードが可能!
(ご利用はサイトポリシーをお守りください)

知りたい内容をクリック

折り紙のくす玉(30枚)の作り方・折り方

折り紙のくす玉を30枚で折る作り方をご紹介します。
ご紹介する方法はテキストと画像、YouTube(ユーチューブ)動画を載せています。

30枚のくす玉の立体な組み立て方・ユニット

30枚のくす玉の立体な組み立て方・ユニットは、13ステップです。(拡大やスマホを横向きにすると見やすいです)

時間:120分

必要なもの:折り紙30枚

その他道具:はさみ(手でも切れます)

  1. くす玉のパーツを作る1

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ1

    ステップ1は、くす玉の土台となるパーツを作ります。まずは折り紙1枚を4つに分けます。4つに分けた折り紙を30枚用意してください。4つに分けた折り紙1枚でパーツを作ります。長方形になるように半分に折って、折り紙を開いてください。中心にできた折り目とふちを合わせて折りましょう。反対側も同じように折ります。

  2. くす玉のパーツを作る2

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ2

    ステップ2は、ステップ1の続きでくす玉のパーツを作ります。折り紙を開いて、角を折り目に合わせて折りましょう。小さな三角形ができます。反対側も同じように折ったら、中心の折り目とふちを合わせてください。

  3. くす玉のパーツを作る3

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ3

    ステップ3は、ステップ2の続きでくす玉のパーツを作ります。角をふちの真ん中に向かって折ってください。白い三角形の斜め線に合わせると綺麗に折れます。同じように反対側も折って、今折った角を戻します。戻した角を白い三角形の斜め線から中に差しこみます。先に指を入れておくと簡単に差しこめます。

  4. くす玉のパーツを作る4

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ4

    ステップ4は、ステップ3の続きでくす玉のパーツを作ります。反対側もステップ3-3、3-4と同じように折りましょう。次は、裏に返して尖っている先を角に合わせます。反対側も同じように折ってください。四角形ができます。

  5. くす玉のパーツの完成

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ5

    ステップ5でくす玉のパーツを完成させます。ステップ4-3と4-4で折り畳んだ部分が外側になるように半分に折ってください。四角形から三角形に変わります。尖っている角を少しひっぱってあげるとパーツの完成です。出来上がったパーツと同じものを合計で30個作っていきます。そのうちの10個で1つのユニットを組み立てます。

  6. パーツ10個で1つのユニットを組む1

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ6

    ステップ6は、パーツ10個で1つのユニットを組みます。まずはパーツを2個用意してください。片方の四角形の隙間にもう1個のパーツの三角形を入れます。お互いの三角形がスッポリ重なり合うように差しこみます。3個目のパーツも同じように四角形の隙間に、三角形を入れましょう。飛び出ている三角形の角を3個目の隙間に入れて、ピラミッドを作ります。

  7. パーツ10個で1つのユニットを組む2

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ7

    ステップ7は、ステップ6の続きでユニットを組みます。3個のパーツをユニットさせると、ピラミッドが1つだけできあがります。次は、ピラミッドを合計で5つ作るイメージで組み合わせていきましょう。4個目も3個目と同じように隙間に三角形を入れてください。5個目も同じ方法です。

  8. パーツ10個で1つのユニットを組む3

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ8

    ステップ8は、ステップ7の続きでユニットを組みます。6個目も5個目と同じように組み合わせると真ん中に小さな穴ができます。この穴を中心に5つのピラミッドをつくりましょう。ユニットの隙間に7個目のパーツを入れます。

  9. パーツ10個で1つのユニットを組む4

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ9

    ステップ9は、ステップ8の続きでユニットを組みます。隣の角を7個目の隙間に入れて、2つ目のピラミッドを作ります。8個目も同じように隙間に三角形を入れて、隣の角を使って3つ目のピラミッドを作ります。

  10. パーツ10個で1つのユニットを組む5

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ10

    ステップ10は、ステップ9の続きでユニットを組みます。9個目と10個目のパーツもステップ9と同じような作業を行なって、4つ目と5つ目のピラミッドを作ります。

  11. 作成した2つのユニットを組み合わせる1

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ11

    ステップ11は、作成した2つのユニットを組み合わせます。10個のパーツを組み合わせたユニットは、裏に返すと星形のマークがみえます。これでユニットは完成です。これと同じものをもう1つ作って、2つのユニットと10個のパーツ(オレンジ色)を用紙します。ユニット同士を10個のオレンジのパーツを使って、くす玉になるように繋げていきます。

  12. 作成した2つのユニットを組み合わせる2

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ12

    ステップ12は、ステップ9の続きで2つのユニットを組み合わせます。組み合わせ方は、これまでと同じです。隙間に三角形の角を入れていきます。まずは、オレンジのパーツ10個を1つのユニットにすべて組み合わせてください。組み合わせたユニットともう1つのユニットをくす玉になるように繋げていきます。

  13. 30枚のくす玉の完成!

    折り紙のくす玉(30枚)のステップ13

    ステップ13で、30枚のくす玉は完成です。組み合わせてみると、穴が広がってしまっている場所があるかもしれません。くす玉全体を両手で優しく包んで、ギュッとしてあげると綺麗に仕上がります。

30枚のくす玉の動画

テキストだけでは物足りない方は、動画で確認してイメージをつけてからテキストをみてみると折りやすいかもしれません。

まとめ

折り紙のくす玉(30枚)
30枚で作った折り紙のくす玉

最後に30枚で作る折り紙のくす玉の作成ポイント、流れを確認しました。

  1. パーツを30個作る
  2. パーツ10個で1つのユニットを2個組み立てる
  3. 1つのユニットに残りの10個のパーツを組み合わせる
  4. 最後にもう1つのユニットを組み合わせてくす玉にする

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。これで折り紙30枚で作るくす玉の作り方が分かったかと思います。

30個のパーツを作るのに約100分、10個で1つのユニットを2つ組み立てるのに約10分、2つのユニットと10個のパーツを組み合わせるのに約10分かかるので、合計で120分くらい時間を使ってしまいます。

まとまった時間が取れない場合やゆっくりと作りたい場合は、例えば1日20分の作業を6日間続ければ楽に作れますよ。

他にも30枚で作る花のくす玉もあるのですが、花のくす玉は難易度が高いので基本の30枚のくす玉からはじめてみましょう。

折りたい折り紙を
↓↓もっと探してみる↓↓

トップページでよくある折り紙をみる

折り紙のくす玉の記事一覧

折り紙のくす玉!立体な作り方と簡単でかわいい折り方・7作品

折り紙のくす玉!6枚の簡単な作り方と立体な組み方・ユニット

折り紙のくす玉!12枚の作り方と簡単で立体な組み立て方

折り紙のくす玉!15枚の作り方と立体な組み方(ユニット)

折り紙のくす玉!30枚の作り方と組み立て方(動画付き) ●この記事●

折り紙のくす玉!90枚の作り方と立体な組み方(ユニット)

折り紙のくす玉!星の作り方と立体な星型の折り方・ユニット

折り紙のくす玉!花の作り方と立体な組み立て方・ユニット

折り紙のくす玉はのり不要!簡単な折り方(全5種類)

知りたい内容をクリック