★まもなく全ての花の折り紙が公開予定です!

折り紙のくす玉!花の作り方と立体な組み立て方・ユニット

折り紙のくす玉(花)

スクロールできます

→右にスクロールしてね→

折り紙のくす玉(花)の作り方・折り方

折り紙のくす玉(花)
折り紙の花のくす玉

まずは、花のくす玉の完成イメージを頭に入れましょう。8ステップでできあがります。花びらが美しい折り紙のくす玉。

花のくす玉の組み立て方

折り紙のくす玉(花)のステップ1
花のくす玉のパーツを作る1

ステップ1は、花のくす玉のパーツを作ります。まずは、折り紙1枚を4つに分けます。三角形になるように半分に折ってください。右の角を上の角に合わせるように折ったら、反対側も同じように折りましょう。(四角形になる)

折り紙のくす玉(花)のステップ2
花のくす玉のパーツを作る2

ステップ2は、ステップ1の続きで花のくす玉のパーツを作ります。中心のふちと四角形のふちを合わせるように折ってください。反対側も同じように折ります。折った部分を開いて、開いた部分の中に指を入れてください。

折り紙のくす玉(花)のステップ3
花のくす玉のパーツを作る3

ステップ3は、ステップ2の続きで花のくす玉のパーツを作ります。指を入れた部分を押し広げましょう。反対側も同じように折ります。飛び出ている三角形を手間にもってくるように折ったら、反対側も同じように折ってください。

折り紙のくす玉(花)のステップ4
花のくす玉のパーツの完成!

ステップ4は、花のくす玉のパーツの完成です。白い三角消えが見えなくなるように半分に折って、反対側も同じように折ります。2箇所にのりを塗って、剥がれないようにくっ付けます。合わせた部分は指が入らないほど小さくなるので、ピンセットで押さえてくっ付けましょう。

折り紙のくす玉(花)のステップ5
パーツ5個で1つのユニット・花を作る

ステップ5は、パーツ5個で1つのユニット・花を作ります。パーツを60個作りましょう。5個のパーツを使って、ユニットを作っていきます。先が尖っている花びらの反対側にのりをつけてくっ付けていきます。これだけでも綺麗な花ができあがりましたね。

折り紙のくす玉(花)のステップ6
花のユニットを12個作る

ステップ6は、花のユニットを12個作ります。花のユニットを12個作ったら、6個のユニットを組み合わせます。組み合わせ方は、繋げる花びらにのりを塗って繋げていきます。まずは2個のユニットを組み合わせます。

折り紙のくす玉(花)のステップ7
花のユニットを6個を組み合わせる

ステップ7は、花のユニットを6個を組み合わせます。3個のユニットを組み合わせるときは、3枚の花びらが隣り合うように組み合わせます。同じように花びら3枚が隣り合うようにのりで繋げていくと綺麗な形に仕上がります。

折り紙のくす玉(花)のステップ8
花のくす玉の完成!

ステップ8で、花のくす玉の完成です。残りの6個の花のユニットを同じように繋げます。最後は、できあがった2つの6個のユニットをのりで組み合わせたら完成です。

花のくす玉の概要詳細
作品名花のくす玉
作成時間6時間10分
折り紙の枚数60枚
折り紙のサイズ
(縦/横)
7.5cm/7.5cm
完成サイズ
(縦/横/高さ)
11cm/11cm/11cm
道具はさみ
のり
ピンセット
折り紙の花のくす玉概要

折り図をダウンロードする▼

折り紙のくす玉(花)

桜のくす玉(桜玉・八重桜)

桜のくす玉(桜玉)を作りたい場合は、用意する折り紙の色を白色、ピンク色にしてみてください。桜の花びらの形ではないですが、桜っぽさは演出できます。花びらの枚数が決まっていない八重桜は、5枚以上の花びらを使いたいところです。ただし、ご紹介した基本のくす玉の場合は花びらの枚数を5枚より増やすことも減らすこともできない組み合わせになっています。本格的な八重桜には向かないかもしれません。

ひまわりのくす玉

ひまわりのくす玉を作りたい場合は、用意する折り紙の色を黄色、茶色にしてみてください。花びらはお世辞にもひまわりではないですが、雰囲気だけでもひまわりらしさは出せます。

紫陽花(あじさい)のくす玉

折り紙のくす玉(花・紫陽花)
紫陽花の花のくす玉

紫陽花(あじさい)のくす玉は、実際に作って再現してみました。紫色とピンク色の折り紙を使っているので、リアルで本物っぽさが出せましたね。この紫陽花のくす玉は、この記事でご紹介している基本の花のくす玉ではなく、90枚のくす玉と星のくす玉を作るときに失敗したものを再利用しています。どちらも折り紙1枚を4枚に分けて作りはじめるのですが、折り紙を16枚に分けて作れるかどうか試したところ失敗したものです。

実は、この紫陽花のくす玉は半分のパーツしか組み合わせていません。正確にいえば、くす玉の球に組み立てられなかった状態です。組み立てられない理由は、パーツが小さすぎて組み合わせてもすぐに外れてしまって「パーツを追加したら崩れる」パターンの繰り返しになってしまったのです。ただ、置物として使う場合は裏側は見えないので、半分くらいのパーツでも十分な見栄えの紫陽花のくす玉ができますよ。

折り紙のくす玉(花)は難しい

折り紙の花のくす玉は難しいのか。特に初心者の方は、できあがった花のくす玉の画像を見てしまうと難易度が高く感じるかもしれません。ただ、どの部分が難しいか分かってしまえば、自分でもできそうと思っていただけるはずです。組み立て方、折り方、時間といったはじめて挑戦する方が気になるであろうポイントに注目して解説していきます。

60枚の花のくす玉

花のくす玉はパーツを60個作ります。パーツ5個で1つのユニットを組み立てます。そのユニットを12個作ります。(60個のパーツがそのまま60枚の花びらになる)そのうち6個のユニットを組んだものがこちらの画像です。

折り紙のくす玉(花)のユニット6個
折り紙のくす玉(花)のユニット6個

あとは残りの6個のユニットを組み立てて、重ねるだけです。
つまり、花のくす玉の組み立て方は意外と簡単でした。

簡単な花のくす玉

パーツ5個で1つのユニットを組み立てた画像はこちらです。これだけでも綺麗な折り紙ですね。こちらものりでくっ付けるだけの簡単な組み方。パーツ1個の折り方も前半でご紹介した通り、簡単でした。ただし、1点だけ簡単ではない点がありました。それは時間です。約6時間かかる花のくす玉は、折り方や組み立て方は簡単ですが、時間を確保することが難しいでしょう。

折り紙のくす玉(花)のユニット1個
折り紙の花のくす玉(1個のユニット)

次のページ
折り紙のくす玉はのり不要!簡単な折り方(全5種類)

折り紙のくす玉

P1

折り紙のくす玉(6枚)

P2

折り紙のくす玉(12枚)

P3

折り紙のくす玉(15枚)

P4

折り紙のくす玉(30枚)

P5

折り紙のくす玉(90枚)

P6

折り紙のくす玉(星)

P7

折り紙のくす玉(花)

閲覧中

折り紙のくす玉はのり不要

P9

コメントする

CAPTCHA

画像の最大サイズ: 2 MB 画像ファイル形式: jpg, jpeg, png, webp ここにファイルをドロップ

<CAPTCHA コードが無効の場合>

ブラウザを最新バージョンにして、閲覧履歴データを削除する
・Google Chromeの場合、次のURLをブラウザにコピペ
chrome://settings/help
chrome://settings/clearBrowserData